[PR] [PR]
Special Issue

alfi for kitchen interior

キッチンに似合うドイツの魔法びん
2018.07.13 キッチンジャーナリスト 本間美紀

●リビングはテーブルやクッションと色合わせで

クチーナでは家具とキッチンを一緒にコーデして販売してくれます。そんなリビングセットの中央には、スカイブルーのグストを合わせてくれました。

「ちょうど白のソファに明るいブルーのクッションを合わせる展示をしているのですが、その空間を見たときにパッとクッションと魔法びんの色が合うとかわいいかなと」。小林さんはそう思いついたそうです。保温ポットはリビングに置かれることがすごく多いアイテム。リビングにコーヒーを詰めた魔法びんを持ち込んでおしゃべりすれば、途中でお茶を入れなおしに行く手間もありません。ソファなどはどうしても地味な色を選んでしまいますが、リビング周りの小物は差し色が楽しめる絶好のアイテムです。

グスト パウダーブルー 1万円(1リットル)

「クッションだけではなく、センターテーブルに最近インテリアで人気のセラミック調のブラックトーンの天板を選んでいます。セラミックの硬質感とみずみずしいブルーの組み合わせも今らしい色です」と説明していただきました。このグストは少しだけ白がまぶされたような柔らかな淡いブルー。「パウダーブルー」というそうです。

センターテーブルとクッションと魔法びん。この3アイテムのコーデがリビングをより、自分らしく彩ってくれるなんて思いもよらなかった発想ですね。次はリアルキッチン読者に人気のブラックキッチンの空間が登場します。

PREV NEXT 1 2 3 4 5

Recommend

TOP