[PR] [PR]
Special Issue

For our coffee

オールドビーンズが香る場所
2018.06.20 キッチンジャーナリスト 本間美紀

《Mykitchenhouse 04》

●コーヒー香る時間から取材が始まった

亜矢子さんとご主人の朝はコーヒーを入れる香りから始ります。「夫がヴィンテージのコーヒーグラインダーを譲り受けたのがきっかけで、時間がある限り、豆を挽いてコーヒーを入れるようになりましたね」。キッチンというより、焙煎所のような雰囲気が漂っています。休日の朝にはご主人が豆を丁寧に挽いてコーヒーを淹れます。大きなワンルームのような住まいは建築家・井上聡さんによるインダストリアルな空間。天井までの高さのある窓が、光を住まいに取り込みます。

キッチンは、キッチンハウスの「ベトングレー」です。最大で2.7mまで継ぎ目のないデザインができます。にじんだような墨色の箱のような感じが気に入ったといいます。「最初はステンレスの業務用をアレンジする、コンクリートでつくってしまうなど、様々なアイディアが出ましたが、このキッチンを設計者の井上聡さんにすすめられた時、潔いほど直線的な箱のような姿に、迷いなく決められました。複雑なオーダーシステムではなく、ぽんと置ける家具のような感じも面白いと思いました」。

ケメックスコーヒーメーカーを愛用。ネルドリップで淹れています。これという豆にはまだ出会ってないそうですが、挽き方で風味の変わるコーヒーの魅力に取り付かれつつあるといいます。
NEXT 1 2 3

Recommend

TOP