KITCHEN

SieMatic Aoyama open

新展開ドイツのジーマティック
2017.06.09 キッチンジャーナリスト 本間美紀

●カッシーナ・イクスシーのグループ化でキッチンとインテリアの意識が変わる?

私も多くの家庭で取材をしてきましたが、最近の住まいづくりではキッチンと家具は同時進行で選ばれることが多く、リビングから見たキッチンの見え方、キッチンから見たテーブルやソファの色やデザインが、暮らしの中の景色として大きな役割を果たしています。キッチンと家具のビジネスの融合、これが世界的な傾向になっている、とカッシーナ・イクスシーの森康洋社長は指摘します。森さんに質問をしてみました。

—今回、なぜジーマティックをグループ化しようと思ったのですか?

ソファとキッチンの距離はこんなに近い。暮らしの景色として、ソファの張り地とキッチンの扉座はコーデして考えるのがベストだとわかりませす。これまでどうしてもキッチンのコンサルで不足していたのが家具の知識ですが、この辺りも良いアドバイスが期待できそうです。

「住環境という視点で見たとき、インテリア業界はまだまだ縦割りのビジネスモデルで、家具、カーテン、照明など、それぞれの分野しか取り扱っていないお店が多い。ところが今の時代、単品でモノを探しているお客様は少なく、ライフスタイルという大きなくくりでトータルコーディネートを求めていらっしゃる」

「カッシーナ・イクスシーはそういったお客様のニーズにお応えするため、家具、照明、ラグ、カーテン、アート、雑貨小物まで幅広くコーディネート提案を行っており、その中にグループとしてキッチンを加えたことはごく自然の流れだった。ジーマティックのデザインと機能をバランスよく兼ね備え、カッシーナ・イクスシーが取り扱う商品ともマッチする」

ジーマティックから徒歩1分のところにあるカッシーナ・イクスシーのショールーム。リビングからダイニングまで世界のデザイン家具が揃います。

そんな世界観をきちんと伝えるため、今回はショールームオープン準備までの短い期間で、スタッフ一同で頑張ったそうです。まずスタッフがドイツに飛び、ドイツで提案しているライフスタイルや製品哲学をきちんと理解して、最新モデルをセレクト。さらにキッチンを「モノ」として見せないために、インテリア空間のプロの手を借りています。詳細は次ページから。

PREV NEXT 1 2 3 4

Recommend

TOP