KITCHEN

SieMatic Aoyama open

新展開ドイツのジーマティック
2017.06.09 キッチンジャーナリスト 本間美紀

ショールームでは3つの世界を展開

現在、3つのデザインラインを取り揃え、モダンでシンプルな「ピュア」、現代の生活に合わせやすい「クラシック」、若い世代に向けた軽快なデザインの「アーバン」を展示しています。


キッチンモデルによっては、製造中に「手で仕上げる」工程があり、ドイツのクラフトマンシップを大切にしています。

もっとも人気がある「ピュア」シリーズ。シンプルでモダンなので、家具や小物など自分らしい装いに溶け込みます。素材の質の高さにも注目です。

ジーマティック全世界70カ国に輸出しており、売り上げの70%をしめる国際的なブランドで、全世界の800カ所のショールームがあります。日本でも30年以上の実績がありますが、かつて日本橋にあったショールームは知る人ぞ知るお忍び的な場所でした。実はリアルキッチン&インテリアでも「season4」でも撮影に入っています。

日本橋にあった旧ショールームでも、ここまで素敵なキッチンの実物展示がありましたが、あまり知られていなかったのです。

さらにジーマティックのカタログは紙質や写真にもこだわっていますが、その中の夢のようなキッチンがリアルに目の前に現れるショールームでは、いつも感動してしまいます。

今回のショールームオープンは、日本のジーマティックの輸入販売会社を、家具のカッシーナ・イクスシーがグループ化したことがきっかけです。

PREV NEXT 1 2 3 4

Recommend

TOP