KITCHEN

INTERIOR KITCHEN26

「お帰りなさい」が似合う場所[前編]
2020.06.23 キッチンジャーナリスト 本間美紀

●コーヒースタンドから着想を得て

──〝ゴールデンベル〞の下にはどんなキッチンをイメージしましたか?

「材料や色は具体的にわからなかったので、その下のキッチンはよく行くコーヒースタンドや雑誌で見たスターバックスのカウンターにヒントを得て、長縄さんにイメージを伝えました」(夫)

その話から長縄さんがデザインしたアイランドキッチンは、ブラックチェリーの無垢材を幅3cmのスリットにして横方向のストライプ貼りにするオーダーメイド。アメリカ西海岸のホテルやカフェのような雰囲気です。

「スリットって幅のバランスが難しいと思います。幅や木材の色合いで和風やカントリーに見えることもある。わが家のキッチンのスリットは、絶妙な間合いが、僕たちが選んだ家具の雰囲気に似合っています」(夫)

──建築サイドとオーダー製作の息が合ったからできたことですね。

PREV NEXT 1 2 3 4

Recommend

TOP