KITCHEN

ambiente2019 02

アンビエンテレポートその2
2019.02.19 キッチンジャーナリスト 本間美紀

●グルメの国・フランスの新作は?

【Staub】フランス

フランス発のお鍋がついに「ホワイトトリュフ色」を発表。展示スタイリングもフレンチシャビーな感じですが、甘くなりすぎないのは、さすがのストゥブです。

【REVOL】フランス

白い磁器質の食器が有名すぎるレヴォル。そのブランドが発表したのはクラフト感あるまろやかな食器たち。日本の食卓にも似合いそうですね。

【de Buyer】フランス

デバイヤーと日本では呼ばれるこのブランドは1830年創業。プロ向けのキュイナリー(厨房用品)の専門ブランドです。パイ型やクレープパンなど、見た目は昔のままに、金属の質や加熱性能など機能をアップさせています。

次回、最後のレポートはバウハウスに関するテーマと、2020年のアンビエンテ予測をレポートします。

取材・文/本間美紀 Reported by Miki Homma/journalist

リアルキッチン&インテリア著者 早稲田大学第一文学部卒業後、インテリアの専門誌「室内」編集部に入社。独立後はインテリア視点からのキッチン、家具、住まい、家電、キッチンツールまで、デザインのある暮らしの取材を得意とし、建築家住宅の取材は300件以上、ユーザーとメーカー、両サイドからのインタビューを重視し、ドイツ、イタリア、北欧など海外取材も多く、セミナー活動も増えている。著書に「デザインキッチンの新しい選び方」(学芸出版社)「リアルキッチン&インテリア」(小学館)

【視察・出展の問い合わせ】
メッセフランクフルトジャパン
海外見本市チーム TEL:03-3262-8444
https://ambiente.messefrankfurt.com

PREV 1 2 3

Recommend

TOP