KITCHEN

almillmo showroom open

南青山にドイツ・アルミルモがオープン
2019.02.01 キッチンジャーナリスト 本間美紀

●高低差のあるドラマチックな空間にキッチン

ここ数年続いている海外キッチンの勢い。また新しいニュースです。
ドイツキッチンのアルミルモ社のキッチンショールームが東京・南青山にオープンしました。スキップフロアの高低差のある空間にキッチンが配され、さまざまなキッチンシーンが目に飛び込んできます。

ロケーションは根津美術館のすぐそば。まさにイタリアキッチンのボッフィやダーダ、ドイツキッチンのブルトハウプ 、ビルトイン家電のミーレのショールームが集まる海外キッチンブランドの激戦区です。

ドイツのアルミルモ社はドイツでは扉材のバラエティが豊富なメーカーとして位置づけられています。高級ゾーンではありながらも、やや手の届きやすい価格帯。自社工場で仕上げる扉材は、個性あるデザインばかり。日本では住宅設備商社の大手・小泉がドイツ・アルミルモ社の株式47%を取得して業務提携し、東京だけではなくアジア市場の拠点として展開していくそうです。

オープニングセレモニーでスピーチをする小泉の長坂剛社長。

250万円程度からのキッチンプランが可能で、国内のカスタムキッチンと比べても選びやすいキッチンというターゲットを狙っています。もちろん高価格帯のモデルもたくさん備えています。とはいえ本国では量産メーカーではなく、注文ごとに自社工場で仕上げる職人肌のメーカーですから、これまでの海外キッチンにない値ごろ感のあるドイツキッチンと言えるでしょう。

さてその個性は東京の空間でどんな風に生かされたのでしょうか?
次のページから紹介します。

NEXT 1 2 3

Recommend

TOP