INTERIOR

ambiente2019 01

ドイツの見本市がインドで盛り上がる!
2019.02.18 キッチンジャーナリスト 本間美紀

●トレンドカラーはディープグリーン

毎年恒例のトレンドゾーンはデザイン、家具、インテリア、ライフスタイルのトレンドを読み解き、出展者の製品をテーマごとに構成。来場者が必ずチェックする、アンビエンテのハートとも言えるゾーンです

フランフルトとベルリンを拠点にする、ドイツのデザイン分析事務所・ボラヘルケパルミジャーノが20年以上、定点観測ををしている結果ですから、その目は確かです。

もっとも新鮮だったトレンドキーワードは「テイストフル・レジデンス」。味わい深いこっくりとした色合いや素材。ディープグリーンは今後のトレンドカラーになりそうです。鈍い藍色やレンガのような赤、マスタードイエロー、グレーなどの色がこのグループです。

そして日本人の目にも馴染むのが静かで自然と調和するトーン「クワイエット・サラウンディング」。淡い木目やアースカラー、濁ったようなピンクに墨のような黒。日本の出展者の製品も多く選ばれ、展示されていました。

次回は会場で見た注目ブランドや製品を紹介します。

取材・文/本間美紀 Reported by Miki Homma/journalist

リアルキッチン&インテリア著者 早稲田大学第一文学部卒業後、インテリアの専門誌「室内」編集部に入社。独立後はインテリア視点からのキッチン、家具、住まい、家電、キッチンツールまで、デザインのある暮らしの取材を得意とし、建築家住宅の取材は300件以上、ユーザーとメーカー、両サイドからのインタビューを重視し、ドイツ、イタリア、北欧など海外取材も多く、セミナー活動も増えている。著書に「デザインキッチンの新しい選び方」(学芸出版社)「リアルキッチン&インテリア」(小学館)

【視察・出展の問い合わせ】
メッセフランクフルトジャパン
海外見本市チーム TEL:03-3262-8444
https://ambiente.messefrankfurt.com

PREV 1 2 3

Recommend

TOP