KITCHEN

EURO CUCINA2016 01

ミラノのキッチン見本市を歩いてみた!
2016.06.06 本間美紀 Miki Homma

●日本未上陸、でも素敵なイタリアキッチンを会場から

2回にわたって、ミラノがどれほどインテリアを体験できる街か、紹介をしてきました。さて、そんなミラノで開かれる「ミラノサローネ国際家具見本市」。2年に1度、「ユーロクチーナ 国際キッチン家具見本市」が開かれます。2016年開催のショーに行ってきましたよ。どれも素敵なキッチンですが、多くのキッチンは日本未上陸(泣)ですが、とにかく楽しみましょう。素敵なキッチン写真は眺めるだけでもいいのです。

26361173321_427e396055_o のコピー
メタリックな細いラインのラステリ社のキッチンキャビネット。銅のアイテムなどが似合いますね。

キッチンのメーカーだけでこんなにあるの?と驚いてしまいますが、出展者数は122社。そのうち94社がイタリアキッチンです。とにかく見て楽しんでください。最新のイタリアキッチンの写真をたっぷりレビューします。

●とにかく今年はビッグストーン

イタリアの建築といえば石。産地、素材の見立て、加工技術、イタリアならではの素材といえます。会場は、天然石やクオーツストーンを大面積で使ったキッチンばかり。ミノッティクッチーネなど石のキッチンブランドはこれまであったのですが、メインブランドたちが次々と石のワークトップを繰り出してきました。

[Arclinea] 
アントニオ・チッテリオが長くプロデュースしているブランドです。このブランド、これまであまり石のキッチンのイメージがないので驚きでした。

16_EUC_Arclinea_PAS_006 のコピー

[ROSSANA]
K-in/K-outという、屋外でも使えるキッチンの新シリーズで、「キッチンガーデンレボリューション」という展示で石の塊のようなキッチンを発表。目を引いていました。後ろの新ワードローブシステムは、展示ではハーブや野菜を育てていますが、室内では食器やオブジェを置ける棚になります。

16_EUC_Rossana_PAS_015 のコピー
[DADA]
ダダ社は日本でも買えるイタリアの家具・モルテーニのグループ会社です。肉厚な石のシンクは、日本人の目からは少し懐かしい感じもあるでしょうか。ヴィンセント・ヴァン・デュイセンがグループ全体のアートディレクターに就任し、新作のキッチンは家具と一緒に考えられた、まさにキッチン&インテリアなものになりそうです。

26170434690_7088f34790_o のコピー
ストーンシンクが印象的!新作「VVD」。

新作キッチン「VVD」はヴィンセント氏の名前の頭文字。

Dada Stand 2016 01_LR

今年はモルテーニ社が得意とする壁面収納家具との調和を意識した展示が、本当にインパクトありました。キッチンの収納も壁面収納も確かに共通点があります。

Dada VVD 2016 05_LR
「VVD」石と木の組み合わせは変えられます。
Molteni Salone 2016_28_LR
モルテーニ社のワードローブ。扉の框の細いラインなどモルテーニが昔から得意としている繊細な「ハコモノ」技術が生かされています。キッチンとの共通点感じますか?
Dada VVD 2016 09_LR
こういったワゴンも細いフレームで組まれていますが、こういったところがモルテーニ社との連携を感じます。

 

NEXT 1 2 3

Recommend

TOP