KITCHEN

EURO CUCINA2016 01

ミラノのキッチン見本市を歩いてみた!
2016.06.06 本間美紀 Miki Homma

●優美&モダンなガラスキャビネット

そして今回、多かったな?と思うのがガラス扉。ガラスと言ってもクリアではなく、中がほんのり隠れるようなガラスが目につきました。いろいろなメーカーから出ていましたが、一番綺麗と感じたのがユーロモビル社。

Filo_2
ガラスにはダイヤ型のラインがスクリーンプリントされています。ハンドルはモダンでシャープなデザインです。こういう対比がイタリア人の美意識?

[euromobil]
このキッチン「FILO」そのものは25年前に登場したモデルで、これを現代に合わせてリモデル。FIROとは昔、家の中で女性たちが裁縫をしながら集まって、おしゃべりを楽しんだ場所の名前です。いまはその場所はキッチンやリビングに変わりましたが、そんな雰囲気を再現したそうです。

全体でみるとこういう感じ。ユーロモビル社が得意とするテーブルとキッチンの段差のあるプラン。これはこんなヴィンテージスタイルでも自然に実現できるのですね。

Filo_1
布のような質感の扉材が綺麗ですね。クラシックに見えますが中は最新機能。棚の中にLEDの照明、ブルートウース対応のオーディオシステムを搭載。

そしてこのキッチンには朗報が! ユーロモビル社は日本でも輸入されていて、取り扱いがしっかりしています。このキッチンが欲しい人は少し待てば日本で入手できる可能性が大です。注文販売ですので、希望する人はお早めに相談を。

[Varenna] 

2年前のユーロクチーナで発表したモデルの進化系といえます。壁面のキャビネットは前回はオープンシェルフでしたが。今回はスモークガラスが入っています。見せる収納と隠す収納のハーフ&ハーフはもはや定番ですが、最近はオープンシェルフではなく、このようなガラス扉が人気ですね。しかも以前はガラス扉では、ダボや扉を立てつける金具が丸見えで気分が下がりましたが、最近のキッチンは金物部分が見えず美しく仕立てられているのが特徴です。
02_Poliform-Varenna-2015-16-22010_I-RID(0)

次回は少し技術的なところに触れたいと思います。

ミラノサローネ国際家具見本市
http://www.milanosalone.com(日本公式サイト)

euromobil(ユーロモビルの問い合わせ先 F.S.I日本事務所  TEL:06-6446-6011)
サンワカンパニー 06-6359-6660  http://info.sanwacompany.co.jp/

会場の写真 photo=Andrea Mariani, Luciano Pascali

PREV 1 2 3

Recommend

TOP