TABLE & TOOLS

BE LOVED BY CHEFS

「気難しい鍋」が女の五感を磨く
2016.04.13 本間美紀

●すーっと溶ける気持ちよさ

手がかかることを恐れないで。そういいたくなる鍋と出会いました。これ、小さな銅鍋はモヴィエルというフランスのお鍋です

銅という金属は繊細に熱を伝えます。たとえば砂糖もバターも弱い火力でスーーーーッと溶ける。さっと引き上げれば、ぱっと加熱は止まる。保温性のいい鍋と違い、熱の強弱を瞬時に反映してくれる。そんなところが製菓職人たちから愛されてきたのです。

その中でもファースト・モヴィエルとしては、直径14センチの片手鍋がおすすめです。両手鍋や四角いロースターなど料理人仕様のお鍋はいろいろ出ているのですが、やはり最初は「小さくて扱いやすい」サイズがお手頃かも。

ハンドルはにぎるとくぼみにすっと親指が収まります。ミルクを沸かすとジュジュッと縁がこげるように、あっという間に沸いてしまうので、使っているとドキドキします。それくらい繊細で、気難しい。。。。。

●気難しい鍋は五感を磨いてくれる

でも一つくらい、小さい気難しい鍋を持っていていいのだと思います。そうじゃなければ、便利で簡単で手入れもいらないものばかりであれば、鍋の中の熱がどうかなと、と感じたり、その中で踊る食材のようすをじっと見つめたり、五感が磨かれるような気がします。ほっておけばいい簡単料理もいいですが、それだけではなんだか心が渇いてしまうかも。使った後も、鍋を手洗いする時間に、なんだか意味があるような気がします。塩と小麦粉を混ぜたペーストで優しく磨くと余韻ですよ。お肌みたいですね。

 

 

M’minis ソースパン コパー9cm 10,000円(税抜)

さて、わたしは、、、と言いますと、そんな偉そうなことを書きながら、まだまだ全く使いこなせず、なんですが、このお鍋のいいところは出しっ放しでも絵になるところ。うちのオープンキッチンにとりあえず置いてあると、なんだか絵になるんですね。銅はインテリアの世界でも最近、トレンドの素材です。

もちろんたまには、これでじーっくりじーくっり熱を通す料理をしてみたいと思います。

モヴィエルについてはこちらでも執筆しています。

ガストロノミーから生まれた鍋[前編]
ガストロノミーから生まれた鍋[後編]

 

モヴィエル取り扱い先
株式会社フジイ (総代理店) フリーコール:0120-224-277

Recommend

TOP