[PR] [PR]
Special Issue

Dress up SieMatic

ドレスアップしたドイツキッチン
2018.05.28 キッチンジャーナリスト 本間美紀

●ミニマルなデザインの進化系とは

クリスティーナ・ラースマンさんもドイツの女性デザイナーで、ジーマティックのチームに参加しています。

普段は家具やキッチン道具のプロダクトデザインを手がけています。そんな彼女が提案した新しいアイディアは、このハンギングデバイダー。部屋の中に窓があるような薄いフレームが空中に浮かんでいるようです。

手前に側面から素通しで見えるガラス収納がセットされています。壁側の収納のバックパネルはヘリンボーン。透明感と柄が特徴的なマテリアルが、白いキッチンの中でアクセントになっています。ジーマティックのシンプリズムをよりドレスアップしたデザインです。

中央はガラスで仕切られ、置いてあるものが見えます。「こちらに本を置いて、リビング的な使い方をしたり。向こう側にはキッチンの道具が置いてあったり、このディバイダーが空間を心理的に分けるのよ」とラースマンさん。

またブレックファーストバーカウンターはオーバル型。これはよりキッチンを他の部屋の空間に広げ、寄り付きやすいデザインとするためと話しています。ワークトップはジーマティックの「アンチプリント」というコーティングを使ったストーンルックのセラミック素材です。ベルベットのような柔らかな手触りなのに、指紋や汚れがつきにくい仕上げです。

PREV NEXT 1 2 3 4 5

Recommend

TOP