KITCHEN

AWARDED KITCHEN

ミラノで賞をとった注目のキッチン二つ
2016.06.22 本間美紀

●丸いキッチンでテーブルクッキング

6月はミラノ・ユーロクチーナレポート月間です。ミラノサローネ期間中は様々な賞の授与が行われるのですが、今年はミラノ国際家具見本市が主催して「Salone del Mobile.Milano アワード」が創設されました。世界で最も影響力のある見本市が選ぶ第1回目の賞ですから、注目が集まります。まずはベストキッチン賞を紹介します。

イタリア・ラーゴ社の「Air」というモデル。受賞理由は「キッチンの概念を払拭させる新しいライフスタイルの提案」だそうでうす。デザインはダニエレ・ラーゴ氏。

 

LAGO_AIR-0035-2__from_Elica-2b

キッチンに円形のIHクッキングヒーターが組み込まれ、加熱調理ができ、さらに右側を見るとテーブルトップで、粉を直接のせてパスタを作っている人がいるのでワークトップにもなる。テーブルクッキング・キッチンと呼びたくなるキッチンです。

LAGO_AIR-0035-2__from_Elica-2

本当に毎年毎年思うのですが、世界ではいろいろなキッチンを考える人がいますね。

【以下はプレスリリースより抜粋】

4月の恒例イベント、ミラサローネ国際家具見本市は、デザインに於いて最もすぐれ たイノベーション作品に与えられる国際アワードの受賞者 8 名を発表します。「Salone del Mobile.Milano 」は、世界を舞台に最新の作品が集まりスポット・ライトを浴び る、デザイン業界のマスト・イベント。そして今、その出展作品の中から最も優れたインテ リア・デザインを賞讃すべく、「Salone del Mobile.Milano アワード」が生まれました。会期中に審査委員が会場を回り、賞を選出します。

2016_SaloneAward_Best ProductKitchenSection_Air_Daniele Lago_Lago

次ページではこの賞の詳細と他の受賞作品を発表。また後半ではデザイン界で注目の賞をとった日本のあのキッチンも紹介します。

NEXT 1 2 3

Recommend

TOP