KITCHEN

BE ARCHITECTURE

建築に溶け込む、建築になっちゃう?
2015.12.18

この写真、ぱっと見たら、一体これなんだろうと思ってしまいます。

大きな空間にアーチ型の箱。実はこれもキッチンなのです。

01_03 HT_M08_027_kl

日本ではどうしてもキッチンは壁際からのプランニングを考えてしまいますが、
このドイツのキッチンは家の中心にキッチンという部屋をつくる、そんな発想から出発しています。
キッチンそのものが壁になり、天井になり、照明になる。
ひとつの建築のようになるという大きな発想。

ほら、お部屋みたいです!

02_01 HT_M01_061_kl

頭上のキャビネットには照明が仕込まれ、夜になると空間を照らす。
音楽システムや飾り棚も組み込めて、
その役割は、もはやキッチン以上といえる?

03_02 HT_M04_016_kl

ドイツのポーゲンポール社が発表した「+ARTESIO」は家の中にもうひとつの建築をつくったようなキッチンwww.poggenpohl.com

下の写真はクオーツストーンという素材でつくったキッチン。
砕いた水晶を再び板状にして、石のような透明感ある表情を生み出した板材で、
日本でもキッチンに使われ始めています。
ふつうはキッチンのワークトップ(水平方向)に使うのですが、
ここでは垂直方向に、キッチン全体の扉に使っています。
クロコダイルの型押しがしてあり、とてもファッショナブル。

これも神殿のような建築的なキッチンです。

04_05 Picture-6

05_04 Picture-3

クロコダイル柄のクオーツストーンでつくったキッチン。高さ3m、幅12mという超大型の壁面キャビネットに9mのロングアイランドキッチン。硬い丈夫な材料だから実現する大きさ。イスラエルの「シーザーストーン」。www.caesarstone.com

キッチンの考え方のスケールは、
海外ではとても大きいのですね。
日本にはないボリューム感にいつも驚かされます。

Recommend

TOP