INTERIOR

DANISH DESIGN TOUR02

フリッツ・ハンセン本社訪問
2016.01.13
Theme Tag

日本のダイニング空間でもよく見るダイニングチェアが「セブンチェア」。
そのブランドがフリッツ・ハンセンです。

フリッツ・ハンセンは創業1872年当時から「工業量産」に強い家具メーカーで、
もとは本社の周りの森から産出される木を使い
家具をつくっていた地産地消主義の会社でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

背景として、当時の多くのデンマークの家具が
工房で職人による手作業でコツコツつくられており
(ルド・ラスムッセンなど有名工房も多数あるのはそうせい)
その頃のデンマークで工業化、大量生産を目指す、というのは画期的な発想だったのですね。

家具の部品などの製造に携るうちに、技術的に磨かれ
分解して運送できる家具、
資源を効率よく使える成型合板の家具などを発表します。


そして建築家アルネ・ヤコブセンが
成形合板で背や座面をを3D曲面にするデザインを考え、
1934年アリンコチェアでそれが実現されました。
それがセブンチェアなどの名作椅子につながってくるのです。

と、、、歴史の授業のような話を聞いているうちに
アリンコチェアの後ろにいる銅像がとっても気になった。
もしかしてあなたはフリッツ・ハンセンさんでは?!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
椅子の後ろの銅像に注目!

説明の方の話が真剣で、聞くタイミングがなかった。。。
自社を語らせればアツくて長い。それはどの企業も同じ。

NEXT 1 2

Recommend

TOP