TOPICS

SWEDEN WEEKEND

スウェーデン大使館でデザインイベント
2016.02.26 本間美紀

スウェーデンのインテリアデザインを楽しんで、とスウェーデン大使館を開放!そんな珍しいイベントが3月12日(土)に開かれるそうですよ(要事前申し込み)。

デンマークよりもちょっと硬派な北欧インテリア、という印象が私にはあります。スウェーデンのインテリアは1940年代に生まれた「ミニマリズム」に強い影響を受けているそうなので、あながち間違ってもいないかもしれません。カラフルでダイナミックなガラス器も有名ですね。

イベント「スウェーデン・インテリア・デザイン・ウィークエンド」は1日限りのイベント。家具や雑貨、トイなど12社のスウェーデンブランドが出展して、カフェなども併設されるそうです。普段はなかなか入れない大使館の中、というのも面白そうではないですか?出展社の中から、「リアルキッチン&インテリア」なところをピックアップ。

●デザインハウスストックホルムは、世界のデザイナーを集めたデザインブランドで、日本でも長く取り扱いされていますね。1992年創業でモダンスうーディッシュの
牽引役とも言えます。

main

●ゲンセはカトラリーブランド。先日、ドイツのキッチンショーでも見てきましたが、ノーベル賞ディナーで使われるカトラリーとして知られていますね。1856年創業、王室に納められてきたブランドです。sub5 のコピー
●インテリアの世界では銅や真鍮、錫など、ニュアンスのある金属の質感が積極的に取り入れられていますが、そんな中、こちらも胸さわぎのするアイテム。真鍮だそうで、創業は1604年という紛れもない老舗。スクルツナと言って、世界の百貨店などではホームアクセサリーがいろいろ売られているそうです。
sub6 のコピー

●そして日本女子ならみんな大好き、スウェーディッシュテキスタイル。アルメダールス、北欧の魚、ニシンの柄が有名です。日本でもすでに密かなファンがいるんじゃないでしょうか。1950年〜70年にかけてのテキスタイルデザインを復刻しています。sub1

 

イベントの詳細は次ページから。

 

 

NEXT 1 2

Recommend

TOP