[PR] [PR]
Special Issue

kitchenhouse Shinjuku

キッチンハウス新宿 都会のガーデン
2021.05.12 キッチンジャーナリスト 本間美紀

●コンサルティングしやすい場所に

ショールーム内はコロナ対策がしっかり施されたコンサルティングテーブルが設置されています。

キッチンハウス コーナーには大型のモニターを見ながら打ち合わせできる場所もあります。その中央にはグリーンをたっぷりあしらったパーティションがあります。

そしてこんなオリジナルワゴンも! 気に入った色柄のサンプルをワゴンにのせて、テーブルまでガラガラと運べます。最近はニュアンスカラーが多いので、自然光の下で微妙な色の違いを確かめられるのはうれしいですね。

「グラフテクト」はパッケージキッチンと呼ばれるジャンルで、75万円、85万円の明確なプライス、人気色に限定した11色のカラー、リビングまで展開できるテレビボードやソファなど、選びやすくわかりやすいのが特徴です。

グラフテクトは「ポポラート」、「デュエ」、「ペニンシュラ」の3レイアウトを展示。ここが東京の新宿であることを忘れてしまいそう。ショールームではつい、「もの」ばかり見てしまいがちですが、キッチンを遠目で見て、その美しさを感じることを忘れないでくださいね。このショールームにはそんな「引きの空間」があります。

Supported by kitchenhouse

PREV NEXT 1 2 3 4 5 6 7

Recommend

TOP