[PR] [PR]
Special Issue

Cielo – powderroom with colors

カラーコンセプトのある洗面
2020.12.15 キッチンジャーナリスト 本間美紀

●カラーコンセプトに高い評価

チエロ社はイタリア、ローマに近い街・チビテカステラーナに創業しました。多くの洗面ボウルメーカーと同じように、ここも元は食器を作っていた会社ですが、2000年にサニタリーの世界にデビュー。インテリアとパウダールームの関係にいち早く着目し、陶器のカラーコンセプトを新しく考え直したのがチエロでした。

イタリア独特の色の美意識。その思いは自然や気象、事象から色をインスピレーションして、「テッレ・ディ・チエロ」という16色のカラーバリエーションから成り立っています。そしてよくボウルの中央を見てください。排水目皿まできちんとカラーリングしています。こういう部分が“チエロらしさ”でもあります。

哲学は色の名前に現れています。いくつかご紹介しましょう。

ベージュともブラウンとも言えない独特のカラーの「アヴェーナ」はオート麦の穂の色をイメージ。「ブリナ」は霜をモチーフにしたブルーグレー。「ポルベレ」はグレーとスカイブルーを融合させた洗練されたブルー。「バサルト」は玄武岩のようなニュアンスのある黒です。「アガベ」は中南米のリュウゼツランのイメージ。発想の源は無限です。

25cm角という小さめのスクエアは収まり感もよさそう。省スペースに洗面コーナーを作れます。リムの厚みはわずか5mmとよりスマートかつ実用的につくられています。洗面ボウル「SHUI COMFORT MINIMO SQUARE 25」4万5,000円 W250×D250×H115mm(色:チプリア)

パウダーピンクというよりも少しシックな「チプリア」というピンクは、白粉の意味ですが、これもとてもチエロらしい色だと思います。

「CATINO DOUBLE」42万円 W1100×D585×H830mm(色:アヴェーナ)

洗面ボウルにレッグがついた「ファニチャースタイル」の洗面台もチエロが先駆けといっていいでしょう。軽快な印象で、室内にぴったりおさまります。

家具と洗面が融合した、これからの「インテリアパウダールーム」です。またカリム・ラシッドやクラウディオ・シルベストリンなどデザイナーを起用した製品もあり、家具のデザインのトレンドも十分に意識しています。

PREV NEXT 1 2 3 4 5 6 7

Recommend

TOP