[PR] [PR]
Special Issue

Poggenpohl new way!

インスピレーションキッチン、始まる
2018.05.29 キッチンジャーナリスト 本間美紀

●都市型生活のためのキッチンも

さてこの壁越しのキッチン。これにはポーゲンポールの新しい戦略も見えました。都市型の生活者のための、コンパクトキッチンです。

ぐっと寄ってみます。足が浮いた軽やかなデザイン。写真はでターコイズブルーですが、もちろんこの面材は好みで変えることできます。奥に見えるグレーの壁。こちらもキッチンシステムの一つで、リノベーションなどで壁材の代わりにこのパネルで自由に収納を作れる仕組みです。

開けてみるとこの通り!食器洗い機、収納、冷蔵庫までがしっかりと収められています。「スペースに限りがある都市部のマンションや一人暮らしの世帯向けに、こんな提案もできるんですよ」と話します。これはちょっと日本人好みではないでしょうか?

先ほどの新モデルももちろん収納や機能はこんなに充実しています。

日本では最も知られている海外ブランドキッチンであるポーゲンポール。今後、どんな展開を見せていくのか。そんなヒントになるミラノでの取材になりました。

supported by poggenpohl japan

取材・文/本間美紀 Reported by Miki Homma/journalist

リアルキッチン&インテリア著者 早稲田大学第一文学部卒業後、インテリアの専門誌「室内」編集部に入社。独立後はインテリア視点からのキッチン、家具、住まい、家電、キッチンツールまで、デザインのある暮らしの取材を得意とし、建築家住宅の取材は300件以上、ユーザーとメーカー、両サイドからのインタビューを重視し、ドイツ、イタリア、北欧など海外取材も多く、セミナー活動も増えている。著書に「デザインキッチンの新しい選び方」(学芸出版社)「リアルキッチン&インテリア」(小学館)

撮影/岡村享則  photograph by Yukinori Okamura /Photographer

リアルキッチン&インテリアを代表するフォトグラファーとして活躍中。大学で住居学を学んだ後、桑沢デザイン専門学校へ。建築写真家の事務所で修行。独立後は大手新聞社でジャーナリスティックな撮影を手がける。その経験から得られる現場感覚とデザインへの感度でストーリーを紡ぐようなライフスタイル撮影に定評がある。暮らし、インテリア、料理などの撮影のほか、釣り雑誌での連載を持つなどアウトドアマンとしての顔も。

ポーゲンポールジャパン
TEL03-5798-7950
東京都港区南麻布5-1-11
https://www.poggenpohl.com/en
tokyo@poggenpohl.com

PREV 1 2 3 4 5

Recommend

TOP