KITCHEN

INTERIOR KITCHEN27

お帰りなさいが似合う場所[後編]
2020.06.25 キッチンジャーナリスト 本間美紀

●実用的な場所はマットグレイで締めて

壁側のキッチンはマットグレイのメラミン材でまとめています。ワークトップは調理の作業で使いやすいステンレスのバイブレーション仕上げに。キッチンの壁は釉薬を施したデザインタイルで、目地を濃色にしてアクセントをつけています。

●コーナー部の収納はシンプルに

L型キッチンのコーナー部は、観音開き扉の斜めのキャビネットに。「奥まで手が届くので、使いやすいです」(妻)。こういった収まりもオーダーキッチンだからできること。

 

PREV NEXT 1 2 3 4 5

Recommend

TOP