[PR] [PR]
Special Issue

Life with SieMatic 01

アートとロジックが交わる家
2021.05.21 キッチンジャーナリスト 本間美紀

●ジーマティックの素敵な秘密

ここでジーマティックのキッチンの秘密を見ていきましょう。まず空間への効果。キッチンキャビネットの下に照明が仕込まれています。白い光から温かみある光まで調光できます。


キッチンに窓を取り入れることを事前に配慮し、建築家と連携を取りながら窓のあるキッチンを実現しています。ジーマティックのドイツ本社では、つねに現代建築の作品を研究し、空間にいかにキッチンがなじむか、という追求を怠らないそうです。

ドイツキッチンの真骨頂はやっぱり収納にあります。お茶碗や汁椀などの和食器やカップアンドソーサーも収まります。

早い段階から使うものを決め、日本の家電に合わせた特注サイズのキャビネットをドイツに特別にオーダー。既存のモデルにないサイズの棚も実現できました。ミーレのコーヒーマシンもビルトインしています。

智代さんいわく「何回開け閉めしても食器がガタガタ音を立てません。とてもいい引き出しレールなんでしょうね」。
ジーマティックは引き出しや収納の細かなパーツまでオリジナル。将来は交換も調整もできる長寿命設計です。

シンクはワークトップと同じ素材でつくったプレートがつき、スライドさせて調理スペースにすることができます。

水栓金具は二人で東京のショールームまで見に行ったという水栓。タッチセンサーで吐水します。アメリカ・デルタの水栓で、ベネチアンブロンズ色。「猫のしっぽみたいで可愛らしくて」と智代さんのお気に入りだそうです。

ドイツキッチンはシャープなデザインにまとまりがちですが、こんな風にクラシックなものを加えるとふんわり和らぐんだな……と感じました。

PREV NEXT 1 2 3 4 5 6

Recommend

TOP