[PR] [PR]
Special Issue

Life with SieMatic 01

アートとロジックが交わる家
2021.05.21 キッチンジャーナリスト 本間美紀

【新連載】Life with SieMatic  
ジーマティック─タイムレスキッチンの美学01

●マジェスティックなシルエットに惹かれて

「このキッチンを見た時、威風堂々って感じたんです。ちょっと変わっていますか?」
ドイツ・ジーマティックのキッチンを気に入った理由を聞くと、智代さんははにかみながらそう言いました。神戸の高台、森のような住宅地の家。平日は都心のマンションで暮らしていますが、週末をゆったりと過ごしたいと夫の誠さんと建てたセカンドハウスです。

「建築の描く線の中に、ジーマティックのキッチンは空間と対峙するようにきちんと存在しているんですよ。バランスとディテールが美しい」と誠さんが言葉を添えます。智代さんの「威風堂々」とはそんな、ドイツキッチンのシルエットを的確に表現した言葉です。

1階はプライベートプールを囲むような設計で、キッチンからはダイニング、アウトドアリビングの両方が見渡せます。ダイニングはキッチンを眺める位置にあります。

NEXT 1 2 3 4 5 6

Recommend

TOP