TOPICS

Nordic life with soup

自由が丘でスープと北欧雑貨を
2017.09.25 realkkitchen&interia yasuyo

ワインとスープが楽しめる自由が丘のオルソー・スープ・ストック・トーキョーが北欧に染まります! 北欧の食と暮らしにスポットをあてた「北欧の食 ときどき大蚤の市」を9月23日(土)~10月1日まで開催中。北欧ブランドを多く扱うスキャンデックス全面協力ということで、イッタラの食器で特別メニューがいただけたり、デンマークの御用達ブランド「LE KLINT(ル・クリント)」の照明が店内を灯すなど、まさしく北欧一色。

●週末は蚤の市にGO!
ぜひ行ってみたいのは、開催中の週末(9月29日、30日、10月1日)に開催される〈大蚤の市 ~キルップトリ~〉。キルップトリとは、北欧の短い夏を楽しむフリーマーケットのこと。北欧では夏になると街のいろんなところでキルップトリが出現するそうですよ。
今回は、イッタラの食器を中心にデットストックからヴィンテージまで北欧アイテムがずらり。ティーマやオリゴ、カステヘルミなどイッタラの名品もお値打ちな価格で並びます。

●北欧の食も楽しんで!
長い冬を乗り切るための塩漬けや燻製などの知恵が発達した北欧メニュー。日本の発酵や保存の知恵にも通ずるものがあるかもしれません。今回は、特別メニューも登場します。器はイッタラのもので供されるので、ますます北欧気分が盛り上がりそうです。

ワークショップ・トークイベントもあります!次のページでご紹介

NEXT 1 2

Recommend

TOP