TOPICS

ambiente 2018

アンビエンテが今年も盛り上がる!
2018.02.01 キッチンジャーナリスト 本間美紀

●そして今年のアンビエンテは?

パートナーカントリーという制度があり、一つの国をフィーチャーして会場で特別展示を行いますが、今年はオランダ。デザイナーのロバート・ブロンヴァッサー氏が企画監修します。これまでも日本、フランス、イギリス、イタリアなどが選ばれています。

ジャーマンデザインアワードの受賞作の発表展示もアンビエンテの恒例ゾーン。

また来場者が必ず訪問するトレンドゾーンはフランクフルトのトレンド分析事務所「ボラ・ヘルケ・パルミジャーノ」がもう30年近く担当。年毎に変わるトレンドを会場の製品から読み解き、展示します。ブース番号があるので、気になった商品はすぐに商談ができます。

この準備は「会期前の1ヶ月は寝る時間もないほど」忙しいのだそうです。昨年のトレンドゾーンでのインタビューもまだまだ参考になりますので、こちらから。

トレンド分析事務所ボラヘルケパルミジャーノの二人。

もちろん私も今年もドイツに飛んできます。2018年のレポートをお楽しみに!

2017年のアンビエンテレポートはこちらから
2016年のアンビエンテレポートはこちらから

取材・文 本間美紀/早稲田大学第一文学部卒業後、インテリアの専門誌「室内」編集部に入社。独立後はインテリア視点からのキッチン、家具、住まい、家電、キッチンツールまで、デザインのある暮らしの取材を得意とし、建築家住宅の取材は300件以上、ユーザーとメーカー、両サイドからのインタビューを重視し、ドイツ、イタリア、北欧など海外取材も多く、セミナー活動も増えている。著書に「デザインキッチンの新しい選び方」(学芸出版社)「リアルキッチン&インテリア」(小学館)

2017年 アンビエンテ開催実績
出展者:4,454社96カ国・地域 (2016: 4,386 、 95カ国・地域)
来場者:142,000名154カ国・地域 (2016: 135,988名、142カ国・地域)
会場面積:308,000㎡ (gross)、27ホール
※なお、展示会場以外の他の施設(会議センターなど)を入れた
メッセフランクフルト国際見本市会場の総面積は592,127㎡

メッセ・フランクフルトジャパン
Tel. 03-3262-8453
www.jp.messefrankfurt.com/

PREV 1 2 3 4 5

Recommend

TOP