[PR] [PR]
Special Issue

CORIAN® for kitchen interior

コーリアン®をキッチンと’コーデ’する
2017.06.07 キッチンジャーナリスト 本間美紀

●個性ある柄でトレンドを楽しむ

この中で私が気になるのは、濃い色。下の2点は「バジル」(左)と「ソレル」(右)です。菅原さん曰く「この2色はブルックリンスタイルなど、サビ感のある仕上げやメタリックな扉材、アイアンのパーツなどと相性がいいです。キッチンの壁がサブウェイタイルの空間など。最近、流行ってきたブロンズやマットブラックの水栓を合わせるとカッコよく決まりますよ」

この2種はブラウンが強いか、グレーが強いかの好みで選ぶと良さそうです。「和の空間にも似合って、焼きものの洗面ボウルと合わせて洗面空間で使うこともあります」。

他にも「ヘーゼルナッツ」はいろんな木と合わせやすいですよ、特にダークな木目でキャビネットに重心を持ってくるパターンも良さそうですね。じわじわにじんだようなグレーは、遠目で見ると木目によく似合うんです」

そして最近はブラックキッチンが人気ですが、コーリアンの中で特にブラックキッチン向けなのがこの「アース」だそうです。

ーすごい重い色のように思えますが、どう使えますか?

「流れた溶岩が固まったようなイメージなんです。ちょっとこげ茶が入っていて、ミネラル感がありますね。動きがあるので、ベタッとしてない表情のある黒です。レンガやヴィンテージウッドなどの空間に合わせるのも。モダンクラシックのキッチンでキャビネットは白で、トップだけこのアース、でもいいかもしれません。南部鉄器などアイアンのグッズを飾っても映えそうです」

他にもコンクリート打ち放しの空間に似合いそうなグレー系の「セージブラッシュ」、ステンレスやガラスと相性のいい青系の「シーフォーム」など、いろいろな色があります。「自分にぴったりの色に出会うポイントはやはりキッチンのテーマやキーワード。キッチンのショールームではそんな言葉を伝えてみてください」と菅原さん。

そしてこちらは新シリーズ「エトワール」の「ホワイトオニックス」と「グレーオニックス」。ほんのり光を通すベースにミルクを流したようなまろやかな柄です。ヨーロピアンモダンの雰囲気ですが、品のあるクラシックキッチンや、和の空間にも似合いそうです。

 

最後に大切なお手入れの話を。「コーリアン®は汚れが染み込みにくく、耐久性のあるメタクリル樹脂素材です。汚れは表面にのっているだけと考えてください。食器洗い用のスポンジやウレタンスポンジ、ナイロンたわしなどでふき取るだけで、お掃除ができます。濃色のタイプはナイロンたわしでこすると削り跡が光の加減で目立つことがあります。シートタイプの住宅洗剤で優しく拭いてください。ショールームではお手入れの実演も見ていただけますよ」と菅原さん。

キッチンのワークトップ、毎日見つめて、お手入れする場所です。愛情を込めた場所にすることが何より大切ですね。

MRC・デュポン ショールーム
東京都港区南青山1丁目15番9号 第45興和ビル 5階
営業:平日10時〜17時
休:木土日祝
TEL03-5410-8551(完全予約制)

※コーリアン®は米国デュポン社の登録商標です

PREV 1 2 3 4

Recommend

TOP