[PR] [PR]
Special Issue

CORIAN® for kitchen interior

コーリアン®をキッチンと’コーデ’する
2017.06.07 キッチンジャーナリスト 本間美紀

●まずは柄入りか、プレーンか

−こんなにある柄、まずどうやって考えたらいいでしょうか?

「一般の方にわかりやすいのは、まず柄入りかプレーン(無地)かですね。プレーンは純粋に色を楽しめます

−どんな色が人気ですか?

「意外に思われるかもしれませんが、日本人の感性に最も響くのは白のシリーズです。コーリアン®ではモダンホワイト、グレイシアホワイト、ミルキーホワイト、カメオホワイトなどプレーンな白だけで7色も揃っているんです

—確かに暮らしの中で求める白って、実はたくさんありますよね?

「陶器のような艶やかな白、クリームのような柔らかな白。清潔感のある清々しい白。アトリエ系建築家に人気なのはモダンホワイトですね。モノトーンキッチンとも相性がいいです。カメオホワイトはオーク材など温かみのある木のキッチンにしっくりきます」

—コーリアン®で‘柄’というと、どんなものがあるんですか?

「大きく分けると、粒が入っているタイプと、マーブル風や紋など流れ模様のタイプです。特に粒は小粒、中粒、大粒があります。キッチンのワークトップは手元で作業するので、近い見え方も大切ですし、キッチンがインテリア化した今、遠くから見る印象もあります。近くで見ると強く感じても、ダイニングからはシックに見えるものもあります」

-小粒タイプの「シエラ」と大粒タイプの「マグナ」、確かにこんなに違います。粒の大小で、だいぶ雰囲気が変わるものなのですね。

「色も単色ではなく、使う側の解釈で幅広く活用できる色もあります。「エクリュ」は生成りという意味です。近くで見ると黄が強く見えるタイプですが、遠目で見るとヒノキなどの針葉樹のイメージがありますのでお寿司屋さんのカウンターで使われることもあります。清潔な状態を保ちやすく耐久性のあるコーリアン®の機能も活かされます」

そして菅原さんが特にリアルキッチン読者にお勧めしたいのは、コーリアン®の製造プロセスをさらに発展させ、自然素材のような面白さを出した「デュポン™プライベートコレクション」という色のシリーズなのだそうです。
「家具やインテリアのトレンドに合わせやすい素敵なトーンが多いんですよ」と菅原さん。早速見ていきましょう

PREV NEXT 1 2 3 4

Recommend

TOP