[PR]
Special Issue

Hansgrohe innovation

ハンスグローエーデザイン水栓を極める
2017.03.13 キッチンジャーナリスト 本間美紀

●これは新鮮、手でクリックする感覚

このセレクトシリーズは先が引き出せるタイプがあり、これが特にオススメです。手で握ってクリックする感覚で水を吐水します。

実際にこの水栓の実物を見て、触ってみたのが、昨年2月に東京で開催されたホテル&レストランショーですが、先のクリックの感覚が軽快で秀逸です。料理だけではなく、テーブル側に引き寄せて電気ケトルの水を入れる時なども、先端で開閉できるのがとても便利です。

キッチンのハーブ鉢に吐水口を引っ張り手元でクリックして吐水、なんてこともできます。

これはAXORラインのアントニオ・チッテリオのラグジュアリーコレクション「アクサーチッテリオ セレクト」。同じセレクト機能を搭載し、空間の中で引き立つデザインです。

「アクサー チッテリオ セレクト」シングルレバー引出式キッチン混合水栓 128,000円

日本では「蛇口」と呼ばれてあまり重視されず、最後の最後に選ぶもの。ここにお金をかけるなんて、と思う人もいますが、ドイツなど機能を大切にする国では、料理の動線の大切な一部として、水栓はキッチンの機能の心臓部のような扱いなんですよ。

水栓は一度備えたら10年は使うもの。単品での値段の高さではなく、10年×365日=3650で割って見て、値段の意味を考えてみてください。毎日使うものです。

PREV NEXT 1 2 3 4 5

Recommend

Book

REAL KICHEN&INTERIOR SEASON V 発売中

定価1,620円(税別)

FOLLOW US
TOP