[PR] [PR]
Special Issue

INTELLIGENT DESIGN bulthaup

ブルトハウプ ドイツの知性と洗練
2016.06.17 本間美紀

●キッチンが壁から離れる

さてブルトハウプは世界でも「壁から離れるキッチン」を早くから提案してきました。シンク、コンロ、調理台などが自由に配置できるシステム。それは時を経て、時代に合わせて発展しています。b1はb2はそんな自由さを持つモデルですが、新b1はブルトハウプの原点であるワークベンチスタイル。メタルフレームの軽やかなフォルムの中には、、、。

b1 Milan_workbench

ワークトップの下がそのまま収納になるような、そんな画期的なシステムを発表。「カッティングボードで食材を切って、そのすぐ下にお皿や鍋があれば便利でしょう?スライドしたり、まな板を組み替えて、使いこなせるんです」(カトリンさん)。このようなシンクのシステムは既に日本や世界のメーカーも出していますが、素材がセラミックや無垢材で、インテリアの中になじむ雰囲気なのがブルトハウプらしさです。

PREV NEXT 1 2 3 4 5 6

Recommend

TOP