[PR] [PR]
Special Issue

Miele Dialog oven

ミーレ 食材と対話する驚きのオーブン
2018.05.25 キッチンジャーナリスト 本間美紀
  • 美しい食のために生まれた技術

なぜこんな複雑とも言えるテクニックが生まれたのか。それは多様な食の価値観が世の中に広がってきたからでしょう。それに気づかせてくれたのが、このパンが焼き上がった時です。

ピンク、グリーン、白と色とりどりのミニパンはお団子のようですね。ただ少し生っぽく見えます。試食をしてみると、こんがりしっとりと焼きあがっていて、小麦が香ばしいパンの味がします。

「パンはこれまできつね色に焼き上がっている色が理想とされてきました。けれども今はお皿の上でいろんな料理の色をコーディネートして楽しむ時代です。ブラウン以外の色を重視したパンがあっても良いですし、それが食とデザインを変えていきますね」とデモンストレーターは説明します。なるほど、食の多様な価値観とはこういうことですね。

Photo=miele 左側のパンも焼きあがったものです。白く柔らかな色合いです。
PREV NEXT 1 2 3 4 5

Recommend

Book

REAL KICHEN&INTERIOR SEASON VI 発売中

定価 1620円(税込)

FOLLOW US
TOP