[PR]
Special Issue

Milanosalone2018 02

ミラノで見たキッチンデザインのトレンド
2018.05.18 キッチンジャーナリスト 本間美紀

●ダイニングテーブルがキッチンになる?

ドイツのブルトハウプの新作「ビーアーキテクチャー」は本格的な料理をするスペースと、食べる人が気軽に手を動かすスペースをはっきりと分ける。そんなコンセプチュアルな新作が発表されました。あまりにも斬新すぎて私も最初はよくわからなかったほど。これも前ページで触れた、一つの分散型(アイソレーションタイプ)と私は呼びたいと感じています。

Photo=bulthaup/b archtecture この最新キッチンにはもっと面白いストーリーがあるのですが、より詳しいブルトハウプの記事は5月21日の週に掲載予定です。

ダイニングテーブルの中央に金属のプレートがつき、ここが保温したり保冷したりできます。野菜を切って並べたり、温かい前菜を保温したり。特別な操作スティック(私も技術的にはまだよく理解できていませんが)で温度を調整できるそうです。ブルトハウプは世界でもボッフィと並んで注目される企業ですが、その進化はとどまるところを知りません。

Photo=Miki Homma

このキッチンと食のAI化は次回でも触れたいと思います。

PREV NEXT 1 2 3 4 5

Recommend

Book

REAL KICHEN&INTERIOR SEASON VI 発売中

定価 1620円(税込)

FOLLOW US
TOP