[PR] [PR]
Special Issue

TERAJIMA ARCHITECTS event

キッチンから家を考えたい!
2018.02.15 キッチンジャーナリスト 本間美紀

●会場は東京青山のあのインテリアブランド!

会場はカッシーナ・イクスシー青山本店が特別に場所を提供くださり、憧れの家具&インテリアブランドのショップでゆっくり時間を過ごせます。私、いつも思うのですが、家具やインテリアはさっと見てはもったいない。長い時間を過ごすことで「見えてくる」こともありますので、その好機になるとも言えます。キッチン、住まい、インテリア。その3つを同時に考えるイベント、気軽なフリートーク形式で行いたいと思います。どうぞお待ちしています。

昨年行われた別のセミナーの様子。

【テラジマアーキテクツのプレスリリースより】

「上質な空間のレシピ‐建築家が考えるキッチンと住空間」2018年3月17日(土)13:30~15:00

キッチンに無限の選択肢とアイデアを盛り込み、 住空間に溶け込むように作り上げていく。 「建築家のいる工務店」テラジマアーキテクツ流、 キッチンと住空間のデザインセオリーを紐解きます。

一般的に、 工務店やハウスメーカーが担う日本の家づくりにおいては、 自由にキッチンを選択することが難しいのが実情。 しかしテラジマアーキテクツでは、 “住まい手の理想のライフスタイルを叶える住宅設計”を理念の一つに掲げ、 キッチンを含めた住空間全体を自由に作り上げることができる、 ということを強みのひとつとしています。 特に暮らしの中心にあるコミュニケーションの場としてのキッチンの重要性に着目し、 住空間全体との調和について追究を重ねています。

今回のトークセミナーでは、 世界のあらゆるキッチンに精通されているキッチンジャーナリスト・本間美紀氏をモデレーターとしてお迎えし、 テラジマアーキテクツの代表建築家である深澤彰司より「上質な空間のレシピ」と題して、 キッチンを内包する空間全体のプランニングの背景にある考え方をお伝えします。
本間美紀氏が主宰する「REAL KITCHEN&INTERIOR」は、 自分らしいキッチンを実現するための様々なアイデアを紹介するウェブサイトとして、 ライフスタイルにこだわりを持つ多くの方から支持を集めています。 毎年刊行しているリアルブック「リアルキッチン&インテリア」は6冊目の発行となり、 「設計者とインテリアコーディネーターが知っておきたいデザインキッチンの新しい選び方」など、 住まいの作り手向けの書籍も手がけられています。
自由な住まい、 自由なキッチンをつくりたいと考えている全ての方にお役立ていただける内容となっています。 

本イベントは事前ご予約制となります。 イベントの詳細情報・ご参加ご希望の方は、 テラジマアーキテクツのウェブサイトをご覧くださいますよう、 お願いいたします。

■「上質な空間のレシピ‐建築家が考えるキッチンと住空間‐」詳細・お申込み
https://www.kenchikuka.co.jp/

 

取材・文 本間美紀/早稲田大学第一文学部卒業後、インテリアの専門誌「室内」編集部に入社。独立後はインテリア視点からのキッチン、家具、住まい、家電、キッチンツールまで、デザインのある暮らしの取材を得意とし、建築家住宅の取材は300件以上、ユーザーとメーカー、両サイドからのインタビューを重視し、ドイツ、イタリア、北欧など海外取材も多く、セミナー活動も増えている。著書に「デザインキッチンの新しい選び方」(学芸出版社)「リアルキッチン&インテリア」(小学館)

上質な空間のレシピ〜建築家が考えるキッチンと住空間

■開催日時 2018年3月17日(土)13:30~15:00 (13:00 受付開始)
■場所 カッシーナ・イクスシー青山本店
東京都港区南青山2-12-14 ユニマット青山ビル
■定員 30名 ※応募者多数の場合は、 抽選の上確定させていただきます。 
■お申込み期間  2018年2月28日(水)まで

■参加費 無料(お土産付き) 主催/テラジマアーキテクツ 共催/小学館

PREV 1 2 3 4 5

Recommend

TOP