[PR]
Special Issue

Love for Miele

憧れブランド・ミーレの食器洗い機
2017.12.19 キッチンジャーナリスト 本間美紀

●ミーレのここが素敵、便利!

私が注目しているのは日本で今販売している食器洗い機の中でも最高機種の「G6994」。ひとことで言えば世界一頭がいい食器洗い機でしょうか。お値段も65万円。

インテリアにすっきりと収まるハンドルレスドアのモデルがあるのがミーレだけです。これ一体どうやって開けるの?と思う人もいるでしょう。答えは簡単。コンコンとノックすればいいのです。するとジワーッと重いドアが開いて、まるで魔法のようなんです。さりげないけど、技術力あっての機能です。ノック・ツー・オープンという機能です。

G6994はお皿やワイングラス、カトラリーなど上質なものを持っている暮らし向き、ということも感じます。

まずワイングラスを洗うモード。背の高い脚付きグラスに十分なスペースがあり、ワインのステムは弾力性のあるパーツでしっかりと支えます(通常は立てかけるだけものが多い)。「ジェントルケア」というワイングラス専用の洗浄モードがあり、優しい水圧で穏やかな温度で洗い上げます。リーデル社など世界のトップグラスメーカーがミーレを推奨しています。純正品でグラスケア用の洗剤も用意されています。洋食器をたくさん持っているテーブルコーディネーターや、ヨーロッパスタイルのお料理が得意なサロネーゼ、ワインの愛好家には特にこの機種がおすすめです。

他の洗浄プログラムも食器のお手入れに気を使う人向けで、パスタやパエリアのこびりつきを落とす「パスタパエリアモード」、ビールジョッキの泡が綺麗に仕上がる「ビールジョッキモード」、本格的な料理によるこげつきなどをしっかり落とす「インテンシブモード」など、プログラムは日常の暮らしでは正直、多すぎるほど! ですが、繊細な食のおもてなしをされる方には必ずや右腕になってくれる食器洗い機でしょう。

またカトラリートレイもナイフやフォークの柄に水滴の跡が残らないようにするように並べられるなど、洗いあがった後の「輝き」を考えられたバスケット設計になっています。

HyperFocal: 0

暮らしがランクアップする2台目のアップグレードモデルとしてもおすすめです。

●ミーレの乾燥方法は?

基本姿勢は「経済的でエコロジー」です。なので自然乾燥を推奨しています。「オートオープン」と言ってプログラムの終了後、ドアが自動で開き、庫内の湿気を排出して乾燥させます。乾燥が促進され素早くクールダウンします。これ、自動的に開く様子を見るとちょっと感動しますよ。

PREV NEXT 1 2 3 4 5

Recommend

Book

REAL KICHEN&INTERIOR SEASON VI 発売中

定価 1620円(税込)

FOLLOW US
TOP