[PR]
Special Issue

ASKO from Sweden

アスコ 北欧生まれの食器洗い機
2017.12.19 キッチンジャーナリスト 本間美紀

●アスコのブランドストーリー

寒いスウェーデンの冬、凍える手で食器洗いや洗濯をしている母のために、便利な家電が作れないか。そんな孝行息子が1950年代に起業したブランドです。耐久性あるステンレスドラムを回す洗濯機からスタートし、日本ではキッチン、ランドリーが主流になっています。

16 Sep 2009, Sweden — A red house sits on the shores of the sea in Skarhamn Sweden, the west coast of Sweden. — Image by © Michael Robinson/Corbis

また北欧は自然が綺麗。そんな湖と森に囲まれた街で創業しました。私も一度訪ねたことがありますがとても静かなこじんまりとした場所でした。食器洗い機ならわずか 10ℓ前後の水で1回の洗い物が済んでしまうので、環境を大切にした農家の人々にも支持を得たそうです。

現在アスコブランドは中欧の家電・ゴレニア社グループの傘下に入り、冷蔵庫やガスコンロなど各種のキッチン家電を展開しています。特にアスコのガスコンロは、日本で唯一、幅広いラインナップを揃えた海外デザインのため、人気があります。食器洗い機とガスコンロをアスコで、というキッチンも取材でよく見かけます。

アスコ本社の写真より。日本で販売中のモデルとは少しデザインがちがいますが、こんなコンロもラインナップしています。
PREV NEXT 1 2 3 4 5

Recommend

Book

REAL KICHEN&INTERIOR SEASON VI 発売中

定価 1620円(税込)

FOLLOW US
TOP