Kitchenware
Zwilling
つゔぃりんぐ

Zwilling

Zwilling

高級ラインには日本の技術が

日本ではなにより包丁が有名。ライン川の航路、良質の鉱石に恵まれたゾーリンゲンで、12世紀の領主が育成した刀鍛冶が発祥。日本ではヘンケルスという名前が長く通っていたが、本体のブランド名は「ツヴィリング」。ドイツ語で双子の意味(ちなみにヘンケルスはツヴィリングの普及ラインのブランド名)。2004年に高い刃物の技術を持つ関に日本工場を設立。ツヴィリングラインの高級製品の大半は、ここで製造している。鋼材を粉体状にして固め直した切れ味が抜群な最高級モデルをはじめ、世界的なナイフビルダー、ボブ・クレイマーの量産化モデルも関市の職人だけが許されている。なぜ日本で…?と思うが、ツヴィリングが納得する品質がこの地で製造できるから、とドイツ人的なお答え。鍋やツールもあり、総合的なキッチンウェアブランドに発展中。

Check point

買ったら終わり、ではない。刃の研ぎ方教室を開いたり、研ぎ直しを頼めたり、長く使うためのサポート体制が万全。

ドイツ
設立 1731年
主な製品

包丁、鍋

Book

REAL KICHEN&INTERIOR SEASON V 発売中

定価1,620円(税別)

FOLLOW US
TOP