Appliances
Russell Hobbs
らっせるほぶす

Russell Hobbs

Russell Hobbs

電気ケトルの生みの親

紅茶にお湯を回しかけて茶葉をジャンピングさせたり、ドリップコーヒーを落とすのに適した細い注ぎ口。イギリスのラッセルホブスの代表的な商品がこの電気ケトルだ。1952年にイギリスでビル・ラッセルとピーター・ホブスによって設立された家電ブランドだ。1955年にお湯が沸くと自動的に電源オフする電気ケトルを発売。今では当たり前の機能も当時は画期的。電気ケトルが世界的に普及するきっかけとなった。電気ケトルはコードレスタイプで持ち運びもでき、ティータイムのテーブルコーディネートに置いても、美しい食器やお菓子となじむデザインが好評だ。ほかにもトースターやオーブントースター、ブレンダーやチョッパーも発売。特にトースターは上部にふたをして熱を閉じ込めるものもあり、パンの水分が失われないため、中がしっとり焼き上がる。半透明のガラスを使ったトースターもあり、日本でもデザイン家電ブームの火付け役になった。

Check point

ステンレスと黒のシックなデザインは、間違いなく一押しのデザイン家電。

イギリス
設立 1952年
主な製品

電気ケトル、トースター、ブレンダーほか

Book

REAL KICHEN&INTERIOR SEASON V 発売中

定価1,620円(税別)

FOLLOW US
TOP