Kitchenware
LE CREUSET
る・くるーぜ

LE CREUSET

幅が広がるラインナップ

おしゃれなお鍋といえば、やっぱりその代表はル・クルーゼ。1925年、北フランスに創業。社名の由来は高熱で鋳鉄を溶かすときに使うるつぼを意味するフランス語「クルーゼ」から。鋳物製品の製造はすべてフランス本社で行なう。レイモンド・ローウィやエンゾ・マリといった工業デザイナーによるデザイン鍋をつくっていたこともあった。日本法人は1991 年に設立。レシピ本とともにヒットし、お鍋と料理の関係を変えた…といわれるほど。 基本色はオレンジ。誕生した1920年代はお鍋といえばグレイが常識だったため、この明るいカラーはとても画期的だったという。ほかの定番色は白、赤、黄色、緑で、グラデーションがかかっているのが特徴。毎年の新色も登場し、最近はマットな質感が加わった。やかんや耐熱性ストーンウェアの各種お皿、調味料入れ、マグ、コーヒー用品、浅めの鍋(すき焼き向けなので、ココット・ジャポネーズというそう)、ワイングッズ、ベビーアイテムなどバラエティーが広がり、コレクター心を刺激する。

Check point

お鍋だけでなく食卓全般をコーディネートできるようにラインナップが広がっている。

フランス
設立 1925年
主な製品

鋳物鍋、ストーンウェアなど

Book

REAL KICHEN&INTERIOR SEASON V 発売中

定価1,620円(税別)

FOLLOW US
TOP