Lighting
FLOS
ふろす

FLOS

FLOS

あのデザイン照明はここ

デザイン照明としては、知名度の高いブランドのひとつが、イタリアのフロスだろう。そして何よりペンダント照明「フーシア」(写真上)は、日本でもキッチンダイニングの定番として、スタンダート中のスタンダードだ。何気なく見ている照明がフロスの製品だったということは、少なくない。もうひとつ有名なのは「アルコ」だろう。大理石のベースから、重そうなステンレスの球状の光源がのびるフロアライトで、さまざまな家庭や商業施設で目にする。アキッレ・カスティリオーニによるもので創業と同時の1962年のデザインだ。ベーシックなデザインもあれば、シェードの内側に花園のような模様を刻んだペンダント照明があったり、花瓶が並んだようなシャンデリアがあったり(写真左)。デザインの街ミラノを拠点とし、著名デザイナーのカスティリオーニ兄弟が参画した。スタート時から実験的な照明ブランドだった。最近ではパトリシア・ウルキオラやブルレック兄弟による新作も多く、トップブランドとして走り続けている。

Check point

ダイニングの上にアクセントになる照明を探したいなら、まずチェックして欲しい。

イタリア
設立 1962年
主な製品

照明全般

Book

REAL KICHEN&INTERIOR SEASON V 発売中

定価1,620円(税別)

FOLLOW US
TOP